The Art of Representing, v.1

January 23, 2009

僕は Grafitti 大好きだ。
ヒップホップの中の一番ピュアなエレメントだと思う。ヒップホップバビロンビジネスはまだよごしてないのはグラフだけだ。ストリートで犯罪おこすのは彼らの美学。タッギングとかボミングするのは基本の表現だから、ちゃんとリアルにやってればやってるほど、彼らの美学で飯食うのはかなりむずかしい。
けど、ちゃんとヒップホップレペゼンしながら、おもてワールドにもがんばって活動してる本物もいる。犯罪的なボミングは絶対はずさない、representing the real.
CD ジャケ、フライヤー、T-シャツ、雑誌、広告、テレビ、ギャラリー、美術館、いろんな道あるけど、どれもサックセスしにくい。
数少ない本物の表ビジネスを出来るだけサポートしましょう。奴らの展示会いったり、イベントの物販 T-シャツとかタオルとか買ったり、本を買ったり、しようね。やつら大変だから、show ’em some love.

 

今回は中目黒名物 Kami の masterpiece から見せたいと思います。

kami in nakameguro

kami in nakameguro

2004年の King of Walls まちがいない。僕のセカンドアルバム『Soramiro』のジャケにもなってます。二年前ぐらいこのカベ丸ごとなくなりました。公園を広くした。ま、しょうがない。

 

old school kami長年消されてない Kami のピース、美しく古くなって行く。白いペンキで消したがる奴、近状きたなくしてるよ。やめた方がきれいだよ。

kami jyakuzure

Kami のホームページはとってもよく出来てる。

kami & skwerm dyezu experiment

中目黒『大図実験』のよこのカベ、KamiSkwerm (David Ellis) のコラボ。目黒銀座商店街のど真ん中のミラクルスポット、大図。二度とも出てこない、あんな場所。お世話になりました。

dyezu benjyo

大図実験のトイレ。shitつれいしまーす!

 

skwerm workin' it

代官山の家具屋さんに頼まれて、Skwermのかせいでる姿。いつもとかわらん。

skwerm rooftop

これも中目です、東横線で渋谷に向かう時、右の方でさがしてみてみて。

Kami と Skwerm の二人は Barnstormers って言う、ワールドワイドで革命的クルーのメンバーです。世界中のギャラリーとか美術館まわってる。最初はアメリカの田舎まわって、使われてなさそうなつぶれてる建物をボムってただけ。実力とハッスルでフェーム!

レースペック!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: